多葉刷子会社理念 ~山椒は小粒でもピリリと辛い~

  • HOME
  • こだわり社長の理念

代表取締役社長 多葉宣宏

お客様に喜んでいただける製品をつくることが最重要と考えていますが、まず弊社が誇りを持ってモノづくりをすることも大切であると考えています。

そうすることによって、お客様、そして弊社、弊社従業員の幸せを実現できると考えております。

弊社は昭和24年創業の歯ブラシ製造会社です。大阪府八尾市の地場産業である「歯ブラシ」をつくり続けて60年以上。小さな町工場でありながら「ものづくり」にこだわり、日々製造技術・品質向上に取り組んでおります。

Photo_063_5D3_3448

弊社のキャッチフレーズは「山椒は小粒でもピリリと辛い」です。小さな会社でも「いいもの」を作るために妥協しない、ピリリと存在感のある会社を目指しております。

「誇りをもって、ものづくりをする」

弊社が作る「歯ブラシ」の技術力は大手メーカーさまに鍛えられてできたものです。

卸の仕事をしていると、商品に妥協がないためかなりの技術力を求められるのです。

Photo_081_5D3_3525

その要望に応え続けてきた弊社の技術力は「誇りをもつこと」に尽きます。

今では、その技術力に注目をしていただいている企業様がありがたいことに多数でてきました。

今後も「誇りをもってものづくりをする」ことに全力を注ぐ次第でございます。